読めばわかる!糖質制限ダイエットガイド » 糖質制限ダイエットQ&A

糖質制限ダイエットQ&A

【Q1】糖質制限ダイエットに向いている人は?

糖質制限ダイエットでは、面倒なカロリー計算は必要ありません。糖質を多く含む食品をあらかじめ把握しておいて、それを避けるようにするだけでOKです。

ですから、「食事の量をガマンしたくない」「面倒な計算をしたくない」などという人にはうってつけのダイエット法と言えるでしょう。

カロリー制限と糖質制限、どちらのダイエットが長続きする?

摂取カロリーを減らす「カロリー制限」と糖質の摂取をひかえる「糖質制限」

2つのダイエット方法の特徴や問題点を整理することで、自分に適したダイエット方法が見えてくるはずです。シンプルさorストレスの少なさ、どちらを優先させるかが、考え方のベースとなります。

カロリー制限と糖質制限のどちらが自分に向いているかをもっと詳しく知る

【Q2】糖質制限しても痩せにくい人は?

糖質制限ダイエットを始めても体重が落ちない理由にはいくつかありますが、基礎代謝の低さが挙げられます。

糖質制限は運動しなくても体重が落ちる方法ですが、基礎代謝が低いと脂肪がうまく燃焼せず、思ったような成果を得られないことがあります。意識的に歩く、軽いストレッチや筋トレをするなどの運動を取り入れると良いでしょう。

また、糖質を制限しているつもりが実は食べていた、量の摂りすぎなども原因の1つ。生活習慣を良く見直してみることが大切です。

【Q3】果物はどのくらい食べても平気?

果物にも糖質は含まれているので、食べ過ぎは厳禁。しかし、100g中の糖質が10g以下の果物であれば、ある程度摂取してもOKとされています。

リンゴなら1/3、イチゴなら7粒、グレープフルーツなら1/4個ほどが適量ですね。ただし、バナナは炭水化物が非常に多いのでNG食材とされます。ドライフルーツも避けましょう。

【Q4】1食だけ炭水化物を抜くだけでも効果ある?

糖質制限には、3つのやり方があります。

  • 3食の炭水化物をすべて抜くスーパー糖質制限
  • 朝・昼・夕のうち1食だけ主食を食べてよいスタンダード糖質制限
  • 夕食だけ主食を抜くプチ糖質制限

一番効果が出るのが早いのは、もちろんスーパー糖質制限。スタンダードやプチでも効果は期待できますが、改善効果やスピードはやはり低くなります。おすすめはスーパーで目標体重まで落とし、その後スタンダードやプチ糖質制限で理想体重をキープしていく方法です。

【Q5】食事の時間と量は?

朝・昼・夕と3食きちんと食べることが大切ですが、時間は特に決まってはいません。ただし、空腹を感じていないときに食べるのはNGです。

1回の食事の量は、腹八分目が目安。腹八分目を保つと、次の食事時間前にちょうどお腹が空くので、生活のリズムが整っておすすめですよ。