読めばわかる!糖質制限ダイエットガイド » 糖質制限ダイエットQ&A » カロリー制限or糖質制限 どちらが自分に向いているの?

カロリー制限or糖質制限 どちらが自分に向いているの?

ダイエット方法として有名な「カロリー制限」と「糖質制限」。それぞれに異なる特徴があります。これら2つのダイエットについて、実践方法とメリット・デメリットを説明していきます。どちらの方法が自分に適しているのか、その判断材料としてぜひ参考にしてみてください。

具体的に何をしたらいいの?

カロリー制限と糖質制限、それぞれの実践の仕方をご紹介します。

カロリー制限

カロリー制限とは、つまり、摂取カロリーを減らすことです。消費カロリーよりも摂取カロリーを少なくすれば、おのずと体重は落ちていきます。言い換えれば、摂取カロリーを減らさなくても、運動などをすることで消費カロリーを増やす方法でもダイエットをすることは可能です。

カロリーに関して「摂取<消費」という状態を続けることで、スリムな体型を目指すというシンプルな考え方のダイエットだといえます。

糖質制限

糖質を多く含む食品の摂取量を減らすダイエット方法です。糖質の多いメニューの代表はご飯やパン、イモ類、そして麺類などの炭水化物といった主食にあたります。

糖質を摂取すると、上昇する血糖値をおさえるために体内からインシュリンというホルモンが分泌されます。このインシュリンが、糖質を中性脂肪に変えてしまう犯人。それを防ぐため、炭水化物の摂取をひかえるのが糖質制限ダイエットです。

メリットとデメリット

どちらのダイエット方法にも、それぞれメリットとデメリットがあります。

カロリー制限

メリット

食事の量を減らすだけ、というシンプルさが特徴です。手軽に始めることができる方法です。最近では、摂取カロリーを計算してくれる便利なアプリもあるので、やるだけなら簡単です。

また自炊している場合は、必要となる食材の量が減るため、その分の食費を抑えられます。

デメリット

効率よく体重を落とすため、主に甘いものや油っこいものの摂取を控えなければいけません。そういった食品はおいしく、しかも腹持ちがよいという特徴があるため、食べるのをがまんすると、どうしてもストレスがたまりやすくなります。

糖質制限

メリット

食事全体の量を減らすわけではないので、空腹を我慢する必要がありません。また、ダイエットの目標設定にもよりますが、糖質の摂取をすべてカットするわけではないため、少量ではあっても主食や芋類を楽しむことができます。

ストレスを感じにくいダイエット方法なので、挫折したりドカ食いしたりしてリバウンドするリスクは比較的低いといえます。

デメリット

糖質が多いメニューを減らすことで、栄養バランスが崩れがちになるのがデメリットです。

たとえば、炭水化物や芋類には糖質だけでなく食物繊維も含まれています。糖質の摂取を控えると同時に食物繊維の摂取量も下がってしまうのです。

自分に向いている方法を選ぶ

「空腹感やストレスに上手に対処することができる」という人はカロリー制限によるダイエットが向いているでしょう。

一方「栄養バランスへの配慮が必要となるが、食事の量を減らすのは避けたい」という人には糖質制限が楽に続けられるかもしれません。

ダイエットの目標を達成するために、長く続けられそうな方法を選択するのが吉です。

【免責事項】

このサイトは糖質制限ダイエットについて2019年1月時点で調べた内容をもとに作成しています。信ぴょう性ある情報発信を心がけていますが、ダイエットの効果や安全性を保証するものではありません。本サイトの情報によって発生した損害等につきまして、一切の責任を負いかねます。最新のダイエット情報や商品情報は、各専門家や公式HPにてご確認ください。過度なダイエットにより体に不調を来す場合は、必ず専門家に相談しましょう。