紅茶

紅茶は我々にとってなじみ深く、ミルクやレモンなどを加えて飲んでいる人も多いのではないでしょうか。種類も豊富にあり、特有の風味を楽しむことができる紅茶。ここでは紅茶と糖質制限について解説します。

緑茶データ
糖質 1杯あたり0.1g
カロリー目安 1杯あたり1kcl

糖質制限ダイエット中に注目の
紅茶の成分

カフェイン

紅茶に含まれるカフェインには脂肪の燃焼を促進し、脂肪の蓄積を減少を助ける働きがあると言われています。特に運動前に摂取することで、よりダイエット効果が期待できるでしょう。

テアフラビン

テアフラビンも脂肪の吸収を抑制する作用があると言われています。そのため、紅茶をのむことによって、脂肪を溜めにくくする効能が高まるでしょう。

まとめ:糖質制限ダイエットとの関係は?

紅茶をストレートで飲む場合、糖質やカロリーもほとんどないため糖質制限中にオススメの飲み物と言えるでしょう。カフェインやテアフラビンなどの作用によって、脂肪が蓄積しにくい効果もダイエットの効率アップに役立つのではないでしょうか。運動と併用しながら、紅茶も飲むようにしてくださいね。

糖質制限ダイエットの味方に!
お茶の成分・効果の比較表をチェック

紅茶には副作用があるの?

紅茶はダイエット効果やリラックス効果などがある一方、過剰摂取してしまうと思いもよらない副作用を引き起こす恐れがあります。ダイエットに良いからという理由で過剰摂取にならないように注意してください。

  • 貧血
    紅茶含まれるタンニンは、その性質上、鉄イオンと反応し結びつきます。そのため紅茶を摂取しすぎると、鉄分が吸収できずに貧血を引き起こしやすくなるでしょう。コーヒーなどにもタンニンは含まれていますが、含有量は圧倒的に紅茶が多いので貧血気味の方は特に注意してください。
  • 栄養吸収を阻害する
    紅茶ポリフェノールの作用によって、食事と紅茶を一緒に摂取することで栄養を排出することが起こると言われています。そのため必要な栄養が摂取できない状況に陥る可能性が高まるでしょう。
  • アレルギー
    中には紅茶にアレルギーを持っている人がいます。紅茶を飲むと、胃がむかむかする、吐き気、頭痛などを感じた場合には、アレルギーの可能性があるので、紅茶を飲むのを中止してください。無理して摂取し続ければ、重篤な症状を引き起こす恐れもあります。専門の医療機関で一度検査をしてもらいましょう。
  • カフェインによる影響
    紅茶にはカフェインが含まれています。そのためカフェインの過剰摂取によって頭痛や胃があれるなどの症状が起こりやすくなるでしょう。
  • 尿路結石
    紅茶にはカフェインやタンニン、シュウ酸が含まれており、尿路結石の原因になると言われています。とくにシュウ酸はカルシウムと結合しやすく、結石になりやすい性質があるようです。

紅茶の正しい飲み方

紅茶は過剰に摂りすぎるのは大変危険です。そのため1日に1リットル未満に留めるようにしましょう。また紅茶以外にもカフェインやタンニンが含まれるような水分をとっている方であれば、さらに量を減らしてください。健康的に紅茶のパワーを取り入れるためにも、適正量だけはしっかり守ることが大切です。

【免責事項】

このサイトは糖質制限ダイエットについて2019年1月時点で調べた内容をもとに作成しています。信ぴょう性ある情報発信を心がけていますが、ダイエットの効果や安全性を保証するものではありません。本サイトの情報によって発生した損害等につきまして、一切の責任を負いかねます。最新のダイエット情報や商品情報は、各専門家や公式HPにてご確認ください。過度なダイエットにより体に不調を来す場合は、必ず専門家に相談しましょう。