コーヒー

世界的にみても趣向飲料として親しまれているコーヒー。食後やリラックスタイムには必ずコーヒーを飲むという人も多くいるでしょう。そんなコーヒーのダイエット効果について解説します。

コーヒーのデータ
糖質 1杯あたり0.7g
カロリー目安 1杯あたり4kcl

糖質制限ダイエット中に注目の
コーヒーの成分

カフェイン

コーヒーと言えば、カフェインとイメージする人も多いでしょう。カフェインには消化酵素のひとつリパーゼの働きを促す働きがあると言われています。リパーゼの働きが活発になれば、消化を促すことができ痩せやすい体質へと導いてくれるでしょう。

さらに利尿作用や血管拡張作用、交感神経刺激作用もカフェインにはあると考えられています。利尿作用と血管拡張作用により、むくみが軽減しやすくなるでしょう。また血流がアップし、交感神経刺激作用により基礎代謝もアップ。その結果、脂肪を燃えやすい体質に変えてくれます。

まとめ:糖質制限ダイエットとの関係は?

コーヒーには糖質やカロリーはありますが、ダイエットに影響を与える量ではないでしょう。カフェインの持つ作用によって、ダイエットしやすい体質に導いてくれることが期待できます。上手にコーヒーを摂取すれば、ダイエットの効率アップに繋がるでしょう。

糖質制限ダイエットの味方に!
お茶の成分・効果の比較表をチェック

コーヒーには副作用があるの?

コーヒーを過剰に摂取した場合、カフェインの摂りすぎに繋がり副作用をきたす恐れがあります。カフェインは適量であれば覚醒作用や集中力アップなど嬉しい効果も沢山あり、決して悪い成分ではありません。ただ摂りすぎてしまうと頭痛や倦怠感、胃腸の障害など様々な症状を引き起こすでしょう。副作用をきたさないためにも、コーヒーの過剰摂取は控えるようにしてください。

コーヒーの正しい飲み方

ダイエットのためにコーヒーを飲む場合には、飲むタイミングが重要です。

コーヒーに含まれるカフェインは、摂取した後30分経過した時に最大限の効果を発揮すると言われています。そのためコーヒーを摂取した30分後に運動を行うことで、効率的に脂肪を燃焼させやすくなるでしょう。

さらに食後もお勧めのタイミングです。少し口さみしいなど感じる方は、コーヒーを摂取することで無駄食いを防ぐことができます。

ただし摂りすぎは良くないので、多くとも1日3~5杯程度にしておきましょう。

ダイエット以外で期待できる効果・効能

コーヒーのダイエット以外の効果について紹介しますね。

血行促進効果

カフェインには血液の流れをアップする作用があるとされています。血行がよくなれば、新陳代謝が活発になり、美肌に整える効果も期待できるでしょう。

覚醒作用

カフェインの作用で、脳の中枢神経が刺激され覚醒する効果が期待できます。

ストレス解消効果

コーヒーの香りによる効果です。リラックスしやすくなると言われています。

二日酔いの解消

カフェインには利尿作用があり、アルコールの排出を促す効果が期待できます。さらに二日酔いの原因物質アセドアルデヒドの分解作用もあると言われており、二日酔いの解消に効果的でしょう。