ガルシニア茶

ガルシニアとは、東南アジアに自生するオトギリソウ科の高木植物。正式名称をガルシニア・カンボジアと言います。

ガルシニア茶データ
糖質 100g中0.1g
カロリー目安 100g中0kcal

糖質制限ダイエット中に注目の
ガルシニア茶に含まれる成分

ヒドロキシクエン酸

ヒドロキシクエン酸には、特に脂肪に対してアプローチをする働きを持っています。
平均BMIが26.5の健常女性(33~67歳)に対し、ヒドロキシクエン酸(HCA)を250mg含むゼリー飲料を食事の30分~1時間前に1日3本、12週間摂取させたところ、プラセボ群と比較して、体重、皮下脂肪面積、内臓脂肪面積、総脂肪面積が減少した、という実験結果がありました。

※参考:「ガルシニアエキス含有ゼリー飲料の長期摂取がヒトの体脂肪量に及ぼす影響」健康・栄養食品研究 3(4), 23-30, 2000(https://ci.nii.ac.jp/naid/40005198910)

また、軽度肥満(平均BMIが28.6)の健常女性(18~65歳)に、食事の30分~1時間前にガルシニアエキスに含まれるヒドロキシクエン酸:HCA 400mgを1日3回、1,200kcal/日の低エネルギー食とともに12週間摂取させたところ、食欲について、実験グループとプラセボ群のどちらも大きな差はなかったのですが、ヒドロキシクエン酸を摂取した方は、体重が減少したことが認められました。ガルシニアエキスには、肥満抑制作用をもつ可能性もあるようです。

※参考:Effects of (-)-hydroxycitric acid on appetitive variables, Physiol Behav. 2000 Oct 1-15;71(1-2):87-94.(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11134690)

また、日本新薬機能食品カンパニーによる、ヒドロキシクエン酸の摂取による運動時の脂肪燃焼促進試験によると、ヒドロキシクエン酸を継続して摂取することで、脂肪の燃焼が促進されやすくなることがわかりました。

※参考:日本新薬機能食品カンパニー Food Labo(http://www.nippon-shinyaku-foodlab.com/)

まとめ:糖質制限ダイエットとの関係は?

ガルシニア茶に含まれるヒドロキシクエン酸は、脂肪を合成する酵素の働きを抑えます。食べたものが脂肪として蓄積されるのを防ぐので、ダイエットにある程度の効果が期待できます。
脂肪が燃えやすくなるので、糖質制限ダイエットをしつつ、日常にちょっとした運動を取り入れれば、ダイエット成功に近づけるかもしれません。

糖質制限ダイエットの味方に!
お茶の成分・効果の比較表をチェック

ガルシニア茶に副作用はあるの?

ガルシニア茶にはまだ研究の余地があり、摂取においては慎重に行うべき、という意見もあります。動物実験ではありますが、長期的に摂取すると精巣障害が起きることが判明しました。
また、過剰摂取すると、動悸や息切れ、頭痛、吐き気、胃や腸の不快感が起こることもあります。ガルシニア茶を飲むときは、摂取量を必ず守りましょう。

ガルシニア茶の選び方と飲み方

ガルシニア茶の味は、少し酸味を感じる独特の味。麦茶や烏龍茶などとブレンドして、飲みやすくするのがオススメです。飲むタイミングは、食前の約30分前がダイエット的にはベスト。食後30分以内でも効果はあるようです。
カフェインを含んでいないので、妊婦さんでも安心して飲めるお茶です。
1日あたりの推奨摂取量は、250~1000mg(ヒドロキシクエン酸換算)。ダイエットを目的とするなら、ヒドロキシクエン酸の含有量に注目して商品を選ぶと良いでしょう。人によっては、副作用として悪心・胃腸の不快感をおぼえることもあるので、様子を見ながら量を調整しましょう。

違いがよくわからないあのお茶

ガルシニア茶とセントジョーンズワートの違い

同じオトギリソウ科の植物で、セントジョーンズワートは和名で「セイヨウオトギリソウ」と呼ばれています。精神的な不安や、落ち込んだ心を落ち着かせてくれるハーブです。ドイツでは、うつ病などの患者に対して処方されるなど、ある程度の医療効果が認められています。気持ちを落ち着かせてくれるので、リラックスの働きを持つハーブティーとしても人気です。

【免責事項】

このサイトは糖質制限ダイエットについて2019年1月時点で調べた内容をもとに作成しています。信ぴょう性ある情報発信を心がけていますが、ダイエットの効果や安全性を保証するものではありません。本サイトの情報によって発生した損害等につきまして、一切の責任を負いかねます。最新のダイエット情報や商品情報は、各専門家や公式HPにてご確認ください。過度なダイエットにより体に不調を来す場合は、必ず専門家に相談しましょう。