玄米茶

玄米茶は、日本では昔から緑茶やほうじ茶同様に愛され続けてきたお茶の一つ。比較的飲みやすく、食事中でも飲みやすい非常にシンプルな風味が特徴的です。玄米茶は、お茶と玄米をブレンドして作られているため、玄米の栄養成分によってダイエットや美容などの効果が期待できるでしょう。糖質制限ダイエットを行う方は、ぜひ玄米茶もチェックしてくださいね。

玄米茶データ
糖質 1杯あたり0g
カロリー目安 1杯あたり0kcl

糖質制限ダイエット中に注目の
玄米茶の成分

GABA

アミノ酸のひとつであるGABAは、玄米茶に豊富に含まれています。GABAは主にリラクゼーション作用が強いとされており、ダイエット中のイライラを落ち着かせる効果が期待できるでしょう。さらにコレストロール値や中性脂肪を抑制する働きもあると言われているため、ダイエット効果のアップに繋がると考えられます。

まとめ:糖質制限ダイエットとの関係は?

玄米茶自体は非常にカロリーの低い飲み物で、さらにコレステロール値や中性脂肪を抑制するなどのダイエットに嬉しい効果も期待できます。そのため糖質制限ダイエットを行っている方には最適な飲みもののひとつです。

糖質制限ダイエットの味方に!
お茶の成分・効果の比較表をチェック

玄米茶には副作用があるの?

玄米茶の副作用として考えられるのは、カフェインです。ただ玄米茶に含まれるカフェインの割合はコーヒーの6分の1程度の量なので、それほど神経質に気を付ける必要はないでしょう。また稀に玄米アレルギーを持っている方がいますので、注意が必要です。とくにアレルギーもない方であれば、玄米茶による副作用を心配する必要はありません。

玄米茶の正しい飲み方

せっかく玄米茶を飲むなら、ダイエットの効果を最大限に発揮させたいですよね。そこで玄米茶の飲み方について説明します。

ダイエットに効果的な飲み方は?

ダイエット目的や糖尿病・高血圧・動脈硬化の予防、脂質異常症の改善などの効果を期待して飲む場合には、食前や食事中がおすすめです。食前に飲むことでリラックス効果が得られ、胃腸が活発に働くことができるでしょう。さらに食事に含まれる脂質やコレステロールの吸収を抑えるという効果も期待できますよ。

一方、血流改善が目的の場合には食後でも構いません。また安眠作用目的の場合には、就寝前に飲むと良いでしょう。

つまり玄米茶は好きなタイミングで飲んで問題ありません。それぞれのタイミングで玄米茶の効果は十分に得ることが出来るでしょう。

ただし玄米茶を飲んだからと言って、すぐにダイエットに繋がる訳ではありません。継続的に飲んで、他のダイエットと組み合わせることで効果を実感することができるはず。そのため長期的視野で飲むように心がけてくださいね。

【免責事項】

このサイトは糖質制限ダイエットについて2019年1月時点で調べた内容をもとに作成しています。信ぴょう性ある情報発信を心がけていますが、ダイエットの効果や安全性を保証するものではありません。本サイトの情報によって発生した損害等につきまして、一切の責任を負いかねます。最新のダイエット情報や商品情報は、各専門家や公式HPにてご確認ください。過度なダイエットにより体に不調を来す場合は、必ず専門家に相談しましょう。