ゴボウ茶

ゴボウといえば日本人にとって非常になじみの深い食材ですよね。誰でもあの独特な香りや味を想像できるはず。ごぼうは多くの食物繊維を含んでいて便秘解消に役立ってくれたり、むくみを改善する働きがあるのですが、毎日たくさんのゴボウを食べている方は少ないはず。そんなゴボウに含まれている成分を効率よく摂取できるのがゴボウ茶です。

糖質制限ダイエットとの相性も良いので、具体的にどのような働きが期待できるのかについてご紹介しましょう。

ゴボウ茶データ
糖質 200ml中6.9g
カロリー目安 200ml中29kcal

糖質制限ダイエット中に注目の
ゴボウ茶に含まれる成分

アクチゲニン

マウスによる実験において、ゴボウの有効成分アクチゲニンを摂取させると、グルコースの筋肉への取り込みが活性化され、肝での糖新生および脂肪生成が阻害されるという実験結果が出ました。
このように、アクチゲニンには脂肪の生成を阻害する働きがあることがわかります。

※参考:「ごぼう茶摂取がラットの血糖値と血清及び 肝臓の脂質含量に及ぼす影響」食文化研究2016(3),p.1-8(https://gijodai.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=54&item_no=1&page_id=13&block_id=21)

イヌリン

マウスによる実験では、ごぼうの有効成分イヌリンを14日間摂取させると、腸内の乳酸菌を含め、善玉菌が増加するという実験結果が出ました。イヌリンは善玉菌のエサになって腸内環境を整えてくれる働きがあることがわかります。

※参考:Prebiotic effectiveness of inulin extracted from edible burdock, Anaerobe. 2008 Feb;14(1):29-34. Epub 2007 Nov 26.(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18042411

イヌリンは、人の消化管が分泌するアミラーゼとプチアリンという酵素では消化されません。食べ物と一緒にイヌリンを摂取すれば、血糖値に直接作用するわけではありませんが、前後に食べた糖質の吸収を穏やかにするため、血糖値の上昇を防ぐことができるといわれています。
25名の女子学生(21.4±1.3歳)に対して11.6 g/日で2週間摂取させたところ、1週間あたりの排便回数は、6.8回から7.8回に増加し、排便量は28%増加することを報告した実験結果もあります。

※参考:「酵素法により製造されたイヌリンと低脂肪食品への利用」化学と生物2013(51)6, p.376=382(https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu/51/6/51_376/_pdf)

まとめ:糖質制限ダイエットとの関係は?

アクチゲニンには脂肪の生成を抑える働きがあるため、スムーズなダイエットをサポートしてくれると考えられます。

また、ゴボウ茶には水溶性食物繊維「イヌリン」が腸内環境を改善してくれるので、食物繊維による便秘解消、ダイエット効果が期待できます。前後に食べた食べ物の吸収を穏やかにする働きもあるため、血糖値上昇を抑制する効果も期待できます。

糖質制限ダイエットの味方に!
お茶の成分・効果の比較表をチェック

ゴボウ茶に副作用はあるの?

ゴボウ茶の副作用として下痢の症状が引き起こされることもあります。ゴボウ茶には水溶性食物繊維が豊富に含まれているため、取り過ぎるとお腹への刺激が大きく下痢を起こしてしまうのです。
また、カリウムも含まれているため、トイレが近くなるという症状も、人によっては副作用に感じられるかもしれません。

ゴボウ茶の選び方と飲み方

ゴボウ茶を選ぶ際のポイントは国産のゴボウを使用しているものを選ぶのもおすすめです。国産のゴボウは無農薬のものが多いため、安全性を高めるためにも国産のものを使用している商品を選んでみましょう。
それから、商品によってはかなり香りがきつく、飲むのをストレスに感じてしまうものもあります。香りがきつくなりすぎないように他のお茶がブレンドされているようなものだと飲みやすいでしょう。もちろん、ゴボウのニオイが好きな方であればそれほど気にならないかもしれません。
続いて飲み方についてですが、商品に書かれた飲み方に従いましょう。一般的にティーパックのものを使う場合は5分以上煮出します。ただ、アイスではなくホットで飲んだほうが体が温まり、ダイエット効果も期待できるでしょう。
注意したいのが、飲みすぎに関することです。ゴボウ茶には食物繊維が豊富に含まれているのですが、食物繊維は摂り過ぎるとお腹が緩くなってしまうため、少しずつ量を見ながら取り入れてみましょう。

違いがよくわからないあのお茶

ゴボウ茶と高麗人参茶の違い

ゴボウと高麗人参は、どちらも根を使用し、古来から去痰薬・強心薬などとして使用されてきました。共通点として、両者とも「サポニン」という成分が豊富に含まれていることが挙げられます。これは苦みやえぐみの元となる成分です。サポニンは様々な植物に含まれており、種類によって安全性は異なります。
身近な食材であるごぼうとは異なり、高麗人参は高価な漢方薬として人気があります。また、高麗人参に含まれるサポニンはジンセノサイドと呼ばれ、他の植物には存在せず、そういった側面も珍重されています。

【免責事項】

このサイトは糖質制限ダイエットについて2019年1月時点で調べた内容をもとに作成しています。信ぴょう性ある情報発信を心がけていますが、ダイエットの効果や安全性を保証するものではありません。本サイトの情報によって発生した損害等につきまして、一切の責任を負いかねます。最新のダイエット情報や商品情報は、各専門家や公式HPにてご確認ください。過度なダイエットにより体に不調を来す場合は、必ず専門家に相談しましょう。