ギムネマ茶

ギムネマは、インド南部・インドネシア・アフリカ・中国南西部などの熱帯に自生するカガイモ科の植物。正式名称を、ギムネマ・シルベスタと言います。

ダイエット効果のあるギムネマ・シルベスタ

ギムネマの主成分であるギムネマ酸には糖分吸収抑制作用があり、小腸でブドウ糖が吸収されるのを阻害。食後の急激な血糖値上昇を抑え、血糖コントロールに効果的であることが実証されています。

また、ギムネマ酸の持つ甘味抑制作用も特徴的です。ギムネマ茶などでギムネマ酸を摂取すると、甘さを感じる細胞と甘味物質の結合を阻害。その結果、摂取後1~2分で甘味を感じなくなるのです。

砂糖など甘味の強い物質でも砂を噛んでいるような感覚になり、食欲が減退。自然と甘いものから遠ざかるようになり、ダイエット効果に一役買ってくれるという仕組みです。ちなみに、感覚が回復するまでには1時間ほどかかります。

気をつけたいのは、ギムネマには鉄分の吸収を抑制するという副作用があるということ。ギムネマの摂取中は、意識的に鉄分を補給することを忘れないようにしましょう。また、ブドウ糖の吸収を抑制するため、血糖降下剤を服用している人は要注意。低血糖に陥る恐れがあるので、できれば医師や専門家に相談してからの摂取をオススメします。

ギムネマ茶の選び方と飲み方

ギムネマ茶には苦みがあるため、ギムネマだけのお茶よりブレンド茶の方が飲みやすいと思います。飲むタイミングは、血糖値の上昇を防ぐことを目的とするなら食事と一緒が◎。もしくは、血糖値が上がり始める食後30分以内がベターです。

空腹時より、食事中か食後のタイミングで摂取した方が効果が高まるようです。摂取量に決まりはありませんが、人によっては腹部に膨満感をおぼえることもあるので、様子を見ながら飲むようにしてください。

ギムネマが含まれるお茶2選

カンポウ糖減茶

  • 配合成分:ギムネマ・緑茶・マテ茶・サラシア・ドクダミ
  • 内容量:2.0g×31包
  • 価格:1,944円(税抜)

ギムネマの他、マテ茶やドクダミなどの厳選素材をブレンドしたお茶。マテ茶は内臓機能の活性化をサポート、ドクダミには便秘や冷え性を改善する効果があるそうです。

ティーバッグタイプで、1包につき約400ccのお茶が作れます(1日の摂取目安は400cc)。ホットでもアイスでもOKですが、どちらかというと冷たい方が飲みやすいお茶です。

※現在は販売終了

めっ茶スッキリ

  • 配合成分:キャンドルブッシュ・玄米・とうもろこし・大麦・サラシア・生姜・ギムネマ・コレウスフォルスコリ・エビスグサ・キダチアロエ
  • 内容量:3g×30包
  • 価格:4,280円(税込)

ダイエット茶を専門とするチームが開発。主成分はキャンドルブッシュ、さらにギムネマやサラシアなどダイエット・美容によい10種類の自然植物成分を独自に配合しています。無添加・無着色・ノンカフェイン・カロリーゼロ。ティーバッグ1包でカップ1杯、煮出してまとめ作りも可能です。

※以前は「めっ茶スリム」として販売されていましたが、名前が変更になったようです。成分や容量、価格などは変わっていないとのことです。