プーアール茶

プーアール茶は緑茶を黒麹菌で発酵させたもので、黒茶とも呼ばれます。熟成には半年から1年ほどかかり、年数を重ねるほど味に深みとうま味が生まれます。

プーアール茶データ
糖質 100g中0g
カロリー目安 100g中0kcal

糖質制限ダイエット中に注目の
プーアール茶に含まれる成分

重合カテキン

プーアール茶の場合、茶葉を長時間発酵させることにより、元々含まれている「カテキン」が、重合カテキンに変化します。カテキンは、お茶の渋みとして感じられるものですが、重合カテキンに変化することで、お茶の渋みが消え、飲みやすい飲み口になります。ただし、カテキンが変化しても、その効果は変わらないと考えられています。

※参照:日本カテキン学会(http://www.catechin-society.com/qanda.html)

脂肪分解酵素リパーゼの分泌を促す効果

鶏膵臓を用いてリパーゼ活性に及ぼすお茶の影響を調べたところ、プーアール茶はリパーゼ活性を向上させる働きが確認されたことから、プーアール茶には抗肥満作用が期待されています。

※参考:「茶およびにがりが膵リパーゼ活性に及ぼす影響」桐生短期大学紀要 16, 13-17, 2005-12-06(http://ci.nii.ac.jp/naid/110005001066)

抗トロンピン活性

アジアの発酵食品において、特にコチュジャン、甜面醤、プーアール茶は、抗トロンビン活性が高いことが確認されました。プーアール茶には生活習慣病予防効果が期待されています。

※参考:「発酵食品における血液関連生理活性物質について」一宮女子短期大学紀要 44, 11-17, 2005-12-21(https://ci.nii.ac.jp/naid/110004867466)

まとめ:糖質制限ダイエットとの関係は?

プーアール茶には中性脂肪を燃えやすくするリパーゼを増やす働きがあります。体内に溜められていた中性脂肪を、運動などで消費されやすい遊離脂肪酸に変化させるので、中性脂肪を減らす効果が期待できます。脂肪分解、脂肪吸収抑制の効果を持つお茶なので、脂っこい食事をする時のおともとして心強い存在ですね。

また、茶葉を発酵する過程でできる成分の重合カテキンは、内臓脂肪を減少させたり、血糖値を減少させる効果があるため、そういった効果も期待できるといえるでしょう。
また、カルシウム、マグネシウム、鉄、カリウムといったミネラルや、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンEも豊富に含まれています。

糖質制限ダイエットの味方に!
お茶の成分・効果の比較表をチェック

プーアール茶に副作用はあるの?

プーアール茶は脂肪を溶かす作用がある成分が含まれているため、ダイエット茶として人気。いまのところ、プーアール茶の過剰摂取によって重篤な副作用が起こったという報告はありません。
ただし、飲み過ぎたために不眠や腹痛、下痢といった症状があらわれることもあるようです。
また、緑茶の半分程度ですが、カフェインが含まれています。妊娠中、授乳中の方は控えた方が無難かもしれません。

プーアール茶の選び方と飲み方

プーアール茶には深い渋みがあり、発酵茶ならではの独特の香りがあります。メーカーや産地によっても味や香りに違いがあるので、自分の味覚に合った商品を選ぶことが長続きのヒケツとなります。
飲むタイミングは、食事と一緒が◎。とくに、脂っこい食事との相性は抜群です。摂取量の目安はありませんが、たくさん飲めば効果が高まるというものではないので、適度に楽しむようにしましょう。

違いがよくわからないあのお茶

プーアール茶とウーロン茶の違い

プーアール茶とウーロン茶の違いは、製法によって変わります。ウーロン茶は「半発酵」といい、茶葉をほどよく酸化させたのち火入れを行い、発酵を止めます。
一方、プーアール茶は、高温多湿の環境で茶葉を放置させます。ワインやチーズのような細菌発酵を行うため、長時間寝かせれば寝かせるほど価値が上がっていきます。

【免責事項】

このサイトは糖質制限ダイエットについて2019年1月時点で調べた内容をもとに作成しています。信ぴょう性ある情報発信を心がけていますが、ダイエットの効果や安全性を保証するものではありません。本サイトの情報によって発生した損害等につきまして、一切の責任を負いかねます。最新のダイエット情報や商品情報は、各専門家や公式HPにてご確認ください。過度なダイエットにより体に不調を来す場合は、必ず専門家に相談しましょう。