たんぽぽ茶

たんぽぽ茶とは、たんぽぽの根や葉を使って作られているお茶のことです。風味はコーヒーによく似ています。コーヒーと異なりカフェインは一切含まれていないので、妊娠中や授乳中にも安心して摂取することができます。

たんぽぽ茶データ
糖質 100g中0g
カロリー目安 100g中0kcal

糖質制限ダイエット中に注目の
たんぽぽ茶に含まれる成分

イヌリン

イヌリンは多糖体の一つで、血糖値を下げるのに有効な役割をしていると言われています。イヌリンは胃の中で水分を多く含み、ゲル状となり膨らみます。そのあとで腸管に移り、腸の粘膜を保護すると言われています。そのため、食事から糖質や脂肪を摂ったとしても、腸から吸収されず、そのまま排泄されます。

糖が吸収されなければ、血液中の糖質や脂質は増えることがありません。ですのでイヌリンによって、食後の血糖値上昇を抑制することができるでしょう。また血糖値が上昇しないので、膵臓はインスリンの分泌を行う必要がありません。膵臓の休息効果も期待できるでしょう。

まとめ:糖質制限ダイエットとの関係は?

たんぽぽ茶に含まれるイヌリンによって、血糖値上昇を抑制する効果が期待できます。そのため無理なくダイエットを行うことができるでしょう。カフェインが含まれていないので、誰でも気軽に摂取することができます。コーヒーの代わりにたんぽぽ茶を取り入れるようにしてくださいね。

糖質制限ダイエットの味方に!
お茶の成分・効果の比較表をチェック

たんぽぽ茶に副作用はあるの?

たんぽぽ茶に使用される根の部分は、強壮剤としての作用があると言われています。そのため人によっては、胃酸過多の症状が引き起こされ不快さを感じるケースがあるので注意しましょう。胆道閉鎖や胆嚢炎、閉塞性イレウスなどを起こしたことがある人は、たんぽぽ茶の摂取は控えた方が良いとされています。

また不眠や動悸などの症状が現れることもあるので、少しでも不調を感じた場合には一度摂取をやめるようにしてください。医師に相談し、摂取するかどうか決めるようにしましょう。

たんぽぽ茶の選び方と飲み方

たんぽぽ茶はティーパックとして販売されているケースがほとんどです。ティーパックにお湯を注ぎ、飲み頃に待つまで待ちましょう。アイスを飲みたい場合には少し濃いめで作り、氷で冷やすようにしてくださいね。

飲むタイミングは、とくに決まりはありません。飲みたいタイミングで摂るようにしましょう。

少し苦みが気になる方はハチミツを追加しても構いません。まろやかな甘さが加わるので、かなり飲みやすくなりますよ。

違いがよくわからないあのお茶

たんぽぽ茶とルイボスティーの違い

たんぽぽ茶とルイボスティーはともにカフェインが含まれていないお茶です。たんぽぽ茶がたんぽぽの葉や根から成っています。一方ルイボスティーは南アフリカで栽培されたルイボスの葉を乾燥させてから作られるお茶のことです。

ルイボスティーには優れた抗酸化作用があると言われています。紫外線による肌ダメージの回復を促す、シミ・そばかすを改善する、アンチエイジングなどの効果が期待できるでしょう。安眠効果もあると言われているので、寝る前など積極的に摂ってくださいね。

【免責事項】

このサイトは糖質制限ダイエットについて2019年1月時点で調べた内容をもとに作成しています。信ぴょう性ある情報発信を心がけていますが、ダイエットの効果や安全性を保証するものではありません。本サイトの情報によって発生した損害等につきまして、一切の責任を負いかねます。最新のダイエット情報や商品情報は、各専門家や公式HPにてご確認ください。過度なダイエットにより体に不調を来す場合は、必ず専門家に相談しましょう。