ヤーコン茶

糖質制限を取り入れている方は、食べ物や飲み物が制限されてストレスを感じているかもしれません。そこで、ダイエットに効果的なお茶も取り入れ、楽しみをプラスしましょう。おすすめなのがヤーコン茶です。ここではヤーコン茶の特徴や選び方、飲み方などについてご紹介します。

ヤーコン茶データ
糖質 200mg中0g
カロリー目安 200mg中0.8kcal

糖質制限ダイエット中に注目の
ヤーコン茶に含まれる成分

ジカフェオイルキナ酸・ヤーコン葉ポリフェノール

健常人ボランティア19人に、ヤーコン葉の抽出エキスを配合したお茶を飲ませて、ショ糖75gを負荷した時の血糖上昇分を測定した実験では、ヤーコン葉のエキスを配合したお茶を飲んだ時の方が、血糖の上昇は抑制されたという結果が出ています。

※参考:株式会社北海道バイオインダストリー(http://www.bio-do.co.jp/material/yakon.html)

フラクトオリゴ糖

日本オリゴ株式会社が行った、健康な成人男女7名によるフラクトオリゴ糖を1日8g経口摂取する実験では、フラクトオリゴ糖を摂取することによって腸内の善玉菌が増し、腸内のpHが下がり、悪玉菌と有害物質の生成を抑制することが判明しました。

※日本オリゴ株式会社(http://www.nihon-oligo.co.jp/original3.html)

まとめ:糖質制限ダイエットとの関係は?

人間の消化器官で消化吸収されにくいフラクトオリゴ糖がふくまれているので、つい糖質を取り過ぎても、ヤーコン茶を一緒に飲んでいれば消化吸収されにくいというメリットがあります。また、フラクトオリゴ糖は腸内の善玉菌を活性化させる働きがあるので、便秘解消の効果があるといわれています。

糖質制限ダイエットの味方に!
お茶の成分・効果の比較表をチェック

ダイエットとヤーコン茶の組み合わせ

ヤーコン茶に関しては、詳しい成分などは未だはっきりとしていませんが、血糖値の上昇抑制効果、便秘解消、新陳代謝アップによって、ダイエットをサポートする働きがあると言われています。

新陳代謝アップ

ダイエットにヤーコン茶が効果的だとされる理由の一つが、新陳代謝を促進させて、痩せやすい身体にしてくれるというものです。

ヤーコンの葉には、脂質の代謝を改善させる働きがあると言われており、その効果は、ラットによる実験によっても報告されています。

2.脂質代謝の改善 ヤーコン葉の熱湯抽出物をウーロン茶のエキスと一緒に与えたネズミにおいて,中性脂肪,コレステロールの減少が観察され,脂質代謝の改善が期待されます.

出典:茨城大学農学部生物生産科学科 ヤーコンネット:成分と機能性

ヤーコン茶をダイエットに取り入れることによって、脂質の代謝が改善されて、身体に蓄積された脂肪が燃焼しやすくなることが期待されます。

血糖値の上昇を抑える

ヤーコン茶には食後の血糖値やインスリンの上昇を抑えるという働きがあり、摂取した糖質が脂肪として蓄積されるのを予防してくれます。

食事をして血糖値が高くなると、体内のインスリンが分泌されますが、インスリンとは、エネルギーとして使われなかった糖質を脂肪細胞に送るという働きをする物質です。

ヤーコンの葉の水抽出物をストレプトゾトシン誘発糖尿病ラットに30日間投与することで,血糖値やインスリンレベルを改善することが報告されている.

出典:JSTAGE:(PDF)各種健康茶のラットにおける糖質吸収抑制作用

このように、ヤーコン茶には血糖値やインスリンの上昇を抑える働きがあることが、ラットを使った研究によっても報告されており、糖質ダイエットのサポート役として最適です。

便秘解消

ヤーコン茶の中には「フラクトオリゴ糖」がたくさん含まれているので、腸内環境を改善し、便秘を解消するためにも役立ちます。

また,塊根には成分として直鎖状のイヌリン型のフラクトオリゴ糖が多く含まれており,その他の糖類としてフルクトース,グルコース,スクロースが含まれているがイヌリンはないことが明らかとなっている.フラクトオリゴ糖は低カロリーで甘みがあり,腸内細菌叢の改善や低う蝕性などを有する機能性成分であり,塊根中には乾物重あたり約80%含まれている.

出典:近畿中国四国農業研究センター:(PDF)近畿中国四国農業研究センター研究資料

フラクトオリゴ糖は、乳酸菌やビフィズス菌の餌となる成分なので、腸内の善玉菌を増加させることに効果的。ヤーコンの根の中のおよそ80%がフラクトオリゴ糖だとされているので、ヤーコン茶からも多くの量が摂取できると考えられます。

ヤーコン茶ダイエットのやり方

ヤーコン茶はお茶の中でも馴染みの薄いお茶ですが、どのようにダイエットに取り入れれば良いのでしょうか。ダイエットに効果的な飲み方や、正しい取り入れ方についてご紹介します。

ヤーコン茶の正しい淹れ方について

ヤーコンそのものからお茶を淹れるためには、まずはヤーコンを2~3日天日干しにして水分を飛ばした後、150℃のオーブンで焼いて茶葉とします。

茶葉ができたら、日本茶などと同じように、急須に茶葉を入れて1~2分蒸らしたら完成です。

ただし、ヤーコンそのものから茶葉を作るのは少々大変なので、市販のティーバッグなどを利用すると簡単に淹れられます。

ヤーコン茶ダイエットの注意点

ダイエットが目的の場合でも、最初からたくさん飲むことは控えて、身体の様子を見ながら、少しずつ量を増やすようにしましょう。

その理由は、便秘改善に効果的なヤーコン茶は、飲みすぎると下痢を引き起こすこともあるため。

1日に大量に飲む必要はありませんが、最も肝心なことは、毎日継続的に飲み続けるということです。

ヤーコン茶に副作用はあるの?

カフェインは含まれていないので、大きな副作用は心配ないお茶といえます。
ただし、フラクトオリゴ糖や食物繊維といった、便秘やデトックスに効果がある成分を豊富に含んでいるため、飲みすぎると下痢になるといった副作用が懸念されています。

ヤーコン茶の選び方と飲み方

ヤーコン茶は商品によって味が違います。特に苦味やえぐみに大きな違いがあるため、自分にとって飲みやすいものを選ぶようにしましょう。最初から大量に購入するのではなく、少量購入して味を確認したいですね。
基本は食事と一緒に飲んだり、食後に取り入れるようにしましょう。
ヤーコン茶に含まれているクロロゲン酸というポリフェノールはコーヒーなどにも含まれているのですが、ヤーコン茶はコーヒーと違ってカフェインは含まれていません。そのため、妊娠中の方や夜なかなか眠れない方でも取り入れられるでしょう。

違いがよくわからないあのお茶

ヤーコン茶と菊芋茶の違い

江戸末期にアメリカから家畜の飼料用作物として輸入された菊芋をお茶にしたもの。天然のインスリンといわれる「イヌリン」を多く含んでいるのが特徴です。ヤーコン茶のように芋をお茶にしているように見えますが、菊芋は芋として食べられる反面、ヤーコンにはまったくでんぷんが含まれていない大きな違いです。

【免責事項】

このサイトは糖質制限ダイエットについて2019年1月時点で調べた内容をもとに作成しています。信ぴょう性ある情報発信を心がけていますが、ダイエットの効果や安全性を保証するものではありません。本サイトの情報によって発生した損害等につきまして、一切の責任を負いかねます。最新のダイエット情報や商品情報は、各専門家や公式HPにてご確認ください。過度なダイエットにより体に不調を来す場合は、必ず専門家に相談しましょう。