糖質制限でらくらく簡単ダイエット

HOME » 【基本】糖質制限ダイエットのやり方 » できるだけ控えたい食品

できるだけ控えたい食品

糖質制限ダイエットで制限する「糖質」とは、炭水化物から食物繊維を除いたものの総称。消化管内で直接または分解されてから吸収される物質です。この糖質こそが、わたしたちを太らせる大きな原因の1つなのです。

糖質摂取で太るメカニズム

まず、糖質を摂取すると血糖値が上昇、その血糖値を下げるためにインシュリンというホルモンが分泌されます。体内の血糖値を一定に保つためにインシュリンは必要なものですが、エネルギーとして使われなかった糖質を中性脂肪に作り変えてしまう働きもあるんです。

その働きから、インシュリンは別名「肥満ホルモン」とも呼ばれています。
インシュリンの分泌量は、血糖の量によって変化します。このインシュリンの量を減らすことが、ダイエット成功へのカギとなるワケです。

生命維持のエネルギーとして人間はまず糖質を消費、そのあと脂肪を消費します。血糖値が低いと脂肪がエネルギーとして優先的に消費されるため、常に体脂肪が燃えている状態になります。

さらに、糖質制限を行うと、肝臓はたんぱく質や脂肪の分解物からブドウ糖を作るようになり、内臓機能が活性化。基礎代謝も上がり、消費エネルギーが増えていくんです。これが、特別な運動をしなくても糖質制限ダイエットが成功するメカニズムとなります。

糖質制限ダイエットにおけるNG食品

糖質制限ダイエットでは、糖質が多く含まれる食品の摂取はNG。
「あの食べ物は大丈夫だろう」と思っていたものが意外なNG食品だったりするので、正しい知識を身につけておきましょうね。

  • 米・小麦
    米や小麦は、精製されたものほど糖質が高くなります。どうしても摂取したい場合は、玄米や全粉粒などの未精製のものをチョイスしましょう。小麦粉から作られるパンや麺類、米が原料のビーフンもNGです。
  • イモ類
    サツマイモ・ジャガイモ、サトイモ、山芋など。春雨や葛粉も、でんぷんから作られているのでNG食品。あんかけのトロミなどに使われる、コーンスターチや片栗粉も避けるようにします。
  • 根菜類
    ニンジン・ごぼう・レンコン・タマネギなどは要注意。基本的に、火を通すと甘みが出る野菜は糖質が多い傾向にあります。
  • 豆類
    大豆はOK食品ですが、それ以外の豆類はわりと糖質が多いため注意が必要。大豆以外の豆類は、なるべく摂取を控えるのが賢明です。
  • 果物
    果物に含まれる果糖は、ブドウ糖に比べて血糖値を上げにくいという性質がありますが、摂りすぎには注意。とくに、バナナは糖質を多く含むNG食品となっています。リンゴ・ビワ・さくらんぼ・いちごなどを少量摂る分にはOK。
  • 牛乳・乳製品
    牛乳・ヨーグルトなどに含まれる乳糖は糖質なので要注意。低脂肪乳など、加工した牛乳はNG食品となります。チーズや生クリームはOKですが、低脂肪や添加物が入ったものは糖質が多くなるので気をつけて。

糖質制限ダイエットのお供に!糖の吸収を抑えるお茶一覧

 
読めばわかる!糖質制限ダイエットガイド