糖質ダイエットのリバウンドの可能性

糖質制限ダイエットでリバウンドすることもある?

糖質制限ダイエットといえば、非常に成功率が高く、短期間で大幅な減量も可能なダイエットとして多くの方が取り入れています。しかし、その一方でリバウンドしやすいダイエット法だと聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。そこで、糖質制限ダイエットのリバウンドについてご紹介します。

糖質制限のリバウンドについて

実は、糖質制限ダイエットは成功した人のうち、2人に1人はリバウンドしてしまうとまで言われています。これは決して低い確率だとは言えないでしょう。

糖質制限ダイエットを行ってリバウンドしてしまう大きな原因はどこにあるのかを抑えておかなければリバウンドしてしまう可能性も高くなります。逆に言えば、正しい方法で糖質制限を実践しておけばリバウンドするリスクは非常に低くなるのです。

糖質宣言でリバウンドする原因

糖質制限ダイエットを行ってもリバウンドしてしまう原因としては次のようなことが挙げられます。

気づかないうちに糖質を摂取している

糖質制限ダイエットを始めて少し痩せたものの、一向に減る傾向がなくなってしまった、むしろ増えてしまったというリバウンド体験を寄せている方もいます。こういったケースでの大きな原因として考えられるのが、自分でも気づかないうちに糖質の高い食材を取り入れている可能性があるということ。

例えば、野菜類などはヘルシーな食べ物としてダイエットに取り入れている方が多いのですが、野菜類の中でも根菜類は比較的糖質量が多いため、たくさん食べていると太りやすくなります。

他にも果物類は確かに栄養素をたくさん含んでいるものの糖質が多いものもあるため、自分が糖質制限で食べているものの中に糖質が多いものがないかチェックしてみましょう。

ダイエット終了後に食べ過ぎている

糖質制限ダイエットはカロリー制限に比べると食べられるものの種類が多いダイエット法として人気があるのですが、それでも我慢しなければならないものはたくさんあります。食事を我慢することがストレスに繋がり、ダイエット終了後に食べ過ぎてしまう方も多いです。

糖質制限ダイエットで痩せた場合、元の食生活に戻ると徐々に体重も増えていきます。糖質制限ダイエット終了後にダイエット時と同じような食事をとる必要はありませんが、極端に糖質量が増えないように注意し、体重が増えたら調整するなどの対策を取ってみてくださいね。

リバウンドしないために心がけたいこと

まず、筋肉を付けましょう。特に食事制限のみに的を絞った糖質制限ダイエットを行った場合、ダイエット開始前よりも筋肉量が低下している可能性があります。筋肉は身体の中でも多くのエネルギーを消費する部分であるため、筋肉量が減ると総合的な消費カロリーも減り、ダイエット終了後に太りやすい状態になってしまうのです。

糖質制限を行っている最中も筋トレなどを行い、筋肉量が減らないように心がけると効果的だといえるでしょう。

また、食事制限のみでダイエットを行うと通常の食生活に戻ればリバウンドするのは当然のことです。普段の食生活に注意しながら生活していくのはもちろんのこと、運動も習慣にして消費するエネルギー量を増やしましょう。

無理なダイエットは長続きしません。精神的にも無理をし過ぎるとリバウンドしやすくなるため、糖質制限をするにしても極端に糖質をカットするのではなく、自分にとって無理なく継続できる程度のものから挑戦してみてくださいね。